ゴッホ 作品 値段


【衝撃】世界で最も高額な絵画のランキング

ゴッホの作品は展示会や販売会でも、たった1枚しか売れなかったといわれています。

しかし現代であれば、何億円払ってでもゴッホの絵が欲しい、という人はたくさんいます。

映画『炎の人ゴッホ』に代表される映像作品で描かれ、「情熱的な画家」、「狂気の天才」といったイメージをもって語られるようになった(後世)。

この展覧会にふらりと現れた画家ポール・ゴーギャン(39歳)は、ゴッホの『ひまわり』(有名な絵とは別。

枯れかけた2本を描いたもの)を気に入り、「私の作品と交換したい」と申し出た。

客と値段を掛け合う。

今回は「ひまわり」などで有名な画家・ゴッホのだというリトグラフ2枚、フリーメイソンのテンプル騎士団の制服一式、スケートボードのコレクションが持ち込まれる。

値段は45元(約720円)だという。

じゅうぶんやすいし、油画村のお土産だと思えばなんてことない金額だけど、微妙な値段だ。

更に探すと、こんどはゴッホの「ひまわり」と思しき作品がでてきた。

「自分の作品のファンがラッセンも好きなら発表をやめる」 落ち込まないで。

」とコメント 57 コーヒーの値段くらいで嫌味言 落ち込まないで。

現役のセザンヌやゴッホを見て笑う機会が、日本ではありません。

値段が高いほど良い作品だと信じる日本人の感覚に、日本のマーケットが合わせているわけです。

その値段の高さに驚くといった描写も含めて、巨大な複製画マーケットの実情も同時に学べる本作。

死後に作品の値段が高騰したゴッホですが、生前はとても貧しかったことで有名です。

何かの本で読んだことがあり、ゴッホは弟テオに、「自分が死んだらこれらの絵には相当の値段が付く 何枚かは模写制作をしていたようなので、構図が同じ作品があります。

ゴッホとピカソの対比の逸話です。

まず、ご存知の通り、 ゴッホは生前ずっと貧しい暮らしをしていました。

それは描いた絵がほとんど売れなかったからです。

そして現存する作品数にもよってくるでしょう。

版画であれば、版数も多いためそれだけで値段が下がってしまうことにもなるのです。

例えば、金箔など高価な材料を使った 作品は材料費が絵の値段に 上乗せされます。

また、版画のように複製の利く技法 では、絵の値段もやすくなります。