モネ 作品


3分でわかるクロード・モネ(人から分かる3分美術史90)

展示される約25点のモネの作品の内、『ヴィレの風景』を含む2点が日本初公開となる。

高知県東部の北川村「モネの庭」マルモッタンの公式サイトです。

新人モネの作品は、エドゥアール・マネの『オランピア』の真前に並ぶことになり、マネは、自分の名前を利用しようとする人物がいると誤解して憤慨したという。

これからもできるだけ多くのモネの作品を観ることにしよう!と思いました。

そして、その時の情景についてもできる限り知りたいと思います。

お気に入りの作品をもうひとつご紹介。

もともとマルモッタン美術館という名前だったが、モネの作品を受け継いだ息子のミシェルが亡くなった時、それらの作品が遺贈され「マルモッタン・モネ美術館」という名前になった。

世界的画家の無名時代の作品 大原美術館にはモネやピカソ、エル・グレコなど、西洋の優れた作品を収蔵してあります。

展示してある作品の多くは、彼らが有名になる前に集められました。

「松方コレクション」の中で最も重要な作品の一つで、戦後、長らく所在不明だったクロード・モネの大作「睡蓮--柳の反映」がパリで見つかった。

同館が26日発表した。

ひたすらに風景を見つめて描き続けたモネの作品は、ゆらめく光や大気の一瞬を捉えて、躍動する曲線や響きあう色彩で、今日に至るまで私たちを魅了してきました。

モネは、この第1回印象派展に、『印象・日の出』など他の作品とともに、『キャピュシーヌ大通り』を出品した。

本展はそうしたモネの芸術を改めて回顧すべく企画されたもので、モネの作品の最大のコレクションのひとつであるマルモッタン美術館ほかから集められた68点の油彩画によって構成された。

前日:-- 作品紹介 『コミックス第6巻、好評発売中!』 モネさんには2つ秘密がある。

一つは僕とつき合っていること。

実は展示されている約90点のうち、モネの作品は25点。

モネと後世代の作家との作品を同じ空間で展示し、時代を超えた結び付きを浮き彫りにする内容となっています。

彫刻と組み合わせた展示が面白かった モネの作品。

モネの睡蓮は、もちろん。

モネの作品だと、 『ジヴェルニ-の冬』が 個人的に感動しました。

『印象・日の出』 1874年に仲間と開いた展覧会で発表したモネの作品の『印象・日の出』という題名から、「印象派」と言う呼称が生まれた。

モネといえば睡蓮!!!今回の展覧会にはモネの作品以上に、モネに影響を受けた作家さんたちの作品が多数展示されていました。